page top

しあわせ信州6次化ひろば

6次産業化について

トップページ > 6次産業化について

6次産業化とは・・・?

6次産業化とは、農林漁業者が生産(第1次産業)だけでなく、加工(第2次産業)、流通・販売(第3次産業)にも主体的・総合的に関わること【1×2×3=6次産業化】により、農林水産業の新たな付加価値を創出することです。

そこで、農山村に存在する有形無形の豊富な地域資源を有効活用して、雇用と所得を確保し地域活力の向上を図るために、農林漁業生産と加工・販売を一体化して付加価値を高め、新たな産業を創り出し6次産業化を推進して儲かる農林水産業の実現を目指します。

6次化に取り組むなら、まずは「計画づくり」からはじめましょう!

誰が、いつ、どこで、どの農林水産物を用いて、どんな新商品(特性、価格)を、どうやって、どのくらい(規模)、いくらかけて(経費)開発するのか、どこでどうやって販売するのか…?
総合化事業計画として考えてみると「頭の中で考えていたこと」が「実現できる計画」へと変わります。
6次産業化の取組(総合化事業計画の認定)をしてみようと思ったら、まずは6次産業化相談窓口へご相談ください。相談内容にあったサポートを提供いたします。

こちらをクリックするとパンフレットがご覧いただけます。

活用する資源 産業の類型 具体例
農林水産物等 食品 食品加工・製造
食品販売(国内/輸出)
外食
農林水産物加工、健康食品や飲料、直売所、
インターネット販売、輸出、
農家レストラン、B級グルメ
食品以外 植物・林産物由来の化粧品
薬草を利用したヘアケア商品
バイオマス等
地域資源
新領域 新素材
医療・医薬品
木材を原料とするナノカーボン
カイコのタンパクを用いた人工血管
高リコピントマトを用いた特定保健用食品
ブルーベリーを用いたサプリ
(ノリ成分を用いた嚥下補助食品)
既存
領域
生物資源のエネルギー使用
非生物資源のエネルギー使用
ペレットストーブ、バイオマス発電、
バイオエタノール、家畜糞尿由来のメタンガス、
太陽光、小水力等による発電
バイオマス製品、その他 有機質肥料、木工品、バイオ繊維、エコフィード
農山漁村
風景・環境
観光
教育・学習
健康・癒し
都市農山漁村交流、農家民宿
体験学習、修学旅行、社員研修
森林浴、ウォーキング、山歩き、森林再生
このページの先頭へ