page top

しあわせ信州6次化ひろば

6次産業化について

トップページ > 6次産業化について > 総合化事業計画/補助事業とは

総合化事業計画/補助事業とは・・・?

六次産業化法では、農林漁業者が経営の改善を図るための「総合化事業計画」の認定制度が設けられています。

「総合化事業」とは農林漁業者が農林水産物等の生産及びその加工又は販売を一体的に行う事業活動のことをいい、その事業活動の計画が「総合化事業計画」です。

「総合化事業計画」を作成し農林水産大臣に申請後、認定を受けた事業者を「総合化事業計画認定事業者」といい、様々な支援が受けられます。

6次化に取り組むなら、まずは「計画づくり」からはじめましょう!

誰が、いつ、どこで、どの農林水産物を用いて、どんな新商品(特性、価格)を、どうやって、どのくらい(規模)、いくらかけて(経費)開発するのか、どこでどうやって販売するのか・・・?

総合化事業計画として考えてみると「頭の中で考えていたこと」が「実現できる計画」へと変わります。

計画づくりで悩んだり分からないことがでてきたら、当協議会と6次産業化プランナーがお手伝いします。

「総合化事業計画」の認定要件

事業主体 農林漁業者等(個人・法人、農林漁業者の組織する団体)が行うものであること
事業内容 次の取組みを行うこと
1:自ら生産等に係る農林水産物等を用いて行う新商品の開発
2:自ら生産等に係る農林水産物等についての新たな販売方式の導入・改善
3:1又は2に掲げる措置に必要な生産等方式の改善
経営改善 次の2つの指標のすべてが満たされること
1:対象商品の指標(新商品等の売上高が5年間で5%以上増加すること)
2:所得の指標(農林漁業及び関連事業の所得が、終了時までに向上し、終了年度は黒字となること)
計画期間 5年以内(3~5年が望ましい)

「総合化事業計画」を作成し認定を受けることのメリット

支援

六次産業化プランナーによる総合的なサポートが無料で受けられる

構想段階から認定までの計画策定を支援。認定を受けた農林業者に対しては、計画に基づく事業の実施期間にわたり、プランナーが課題解決に向けフォローアップ。
融資 農林業業者向け無利子融資資金(農業改良資金)の、償還期限・据置期間の延長
上限額:個人5千万円、法人・団体1億5千万円
償還10年→12年
据置3年→5年
短期運転資金(スーパーS資金)の貸付
上限額:個人1千万円、法人4千万円
金利1.5%(H25.8.19現在)
補助金 新商品開発、販路開拓等に対する補助~ソフト事業~
補助率:通常 1/2 → 認定 2/3
新商品開発に向けた試作品の製造に関する機器のレンタル・リース料や市場評価の実施、販路開拓に向けた商談会への出展、パンフレットの作成費等を支援
新たな加工・販売等へ取り組む場合に必要な施設整備に対する補助~ハード事業~
補助率:1/2
実施主体を6次産業化・地産地消法又は農商工等連携促進法の認定を受けた民間団体等に限定
出資 農林漁業成長産業化ファンド(A-FIVE)からの出資
上限額:新たに設立する合弁事業体の資本金の1/2
このページの先頭へ