page top

しあわせ信州6次化ひろば

総合化事業計画認定事業者のご紹介

小柳農園(こやなぎのうえん)

小柳農園

 中野市柳沢の米生産者です。種まき~販売まで一貫して行っており、平成24年に皇室にお米を献上いたしました。米作りを通じて地域に貢献する思いで、今回申請をいたしました。中野市柳沢の「柳沢遺跡」から東日本初となる弥生時代の遺跡群が発見されました。この歴史ある柳沢で私は衰退している米生産を2000年後につづく希望のある産業として次の世代の子供たちに渡したいと考えています。 米生産については可能な限りご協力したいと考えていますので、どうぞよろしくお願い致します。

<事業について>
事業名 特別栽培米を利用した新商品開発による「北信州なかの米」ブランド化事業
事業の概要 皇室献上米生産農家の生産した特別栽培米を活用し、地域の菓子製造・販売業者と連携しつつ、新商品「切り餅、米粒せんべい、米粉シフォンケーキ」等を製造・販売し、若者をターゲットとした米消費拡大と顔の見える直接販売を強化することにより、「信州なかの米」のブランド化と経営安定を図る。
<商品について>
小柳農園
【皇室新嘗祭献穀米】

平成二十四年皇室新嘗祭に私達が育てたお米を献上させていただきました。
献穀当時と同じこだわりの栽培方法で育てたお米を当園では「皇室新嘗祭献穀米」と呼んでいます。
限られた田んぼで育てられたお米はほんのわずかしか収穫できない貴重なお米です。口に入れた時に感じるねばりと広がる甘さを感じていただける、小柳農園渾身のお米です。
味もさることながら、上質なパッケージから贈答でも大変喜ばれています。
このページの先頭へ